消費者金融と銀行、自分に合うのはどちらか

ローンを組むというと、皆さん銀行で組むか消費者金融で組むか迷うと思います。どちらもお金を貸してくれるという意味では同じです。ですが銀行と消費者金融、自分にとって借りやすいのはどちらなのでしょうか。銀行と消費者金融の違いを簡単にまとめてみました。


無担保で借りられる方が消費者金融

銀行でローンを組む場合は、担保が必要です。担保というのはお金を貸す代わりに返せなかった時に銀行が回収する財産のことです。いざという時に回収出来なくなると銀行は困りますので、担保が必要になる訳です。そして、なぜ消費者金融は無担保でお金を貸してくれるのかというと、金利を高く設定しているからです。金利というのは、借りたお金と借りている期間によって変わる利子の比率のことです。この金利が高ければ高いほど、借りたお金にプラスして返す額が高くなります。消費者金融はこの金利を高く設定することにより、無担保でお金を貸すことが出来るようになっています。


借りやすい方が消費者金融

銀行の借入基準は、消費者金融に比べてとても厳しいです。担保として財産を登録するのですから、消費者金融よりも簡単にローンを組めると感じますが、そうではないのです。消費者金融は、収入が安定していている人と年齢が一定以上であれば、ほぼ誰でも借りることが出来ます。

借りやすい・無担保という利点を持っている消費者金融ですが、金利が高いという欠点も持っています。自分の借りたい金額と借りたい期間に応じてしっかり判断しましょう。


Comments are closed.